2014年12月23日火曜日

NHK「幻解!超常ファイル「雪男“イエティ”の謎…」他。12月28日放送

12月28日(日)夜10時00分~
NHK BSプレミアム「幻解!超常ファイル「雪男“イエティ”の謎&ゆく予知くる予知」
公式HP http://www4.nhk.or.jp/darkside/

10月末~11月半ばにかけて撮影コーディネートをさせていただいた番組が、いよいよ放送されます!

先日、タンボチェのマニリンドゥの話題を当ブログにも掲載しましたが、ちょうど同時期に現地で撮影をしていました。

イエティに詳しい学者さんへのインタビューや、エベレスト街道に住む現地の人へのイエティに関するインタビューなどの一部のテープ起こしをし、しばらくはイエティ漬けの日々だったので、けっこう詳しくなった気がします(笑)。

28日というと、年末の休みに入り、多くの方がネパール入りされる日ですが、録画の予約も忘れずにお出かけください!

・・・ 

ところで、この後にも別の番組の撮影のお手伝いをしており、さらに現在も一件ロケハン進行中。いずれも放送予定日は、年が明けて少し経ってからですが、近くなったらまた番宣します!

2014年12月18日木曜日

バクタプルの陶芸広場



もう1週間ほどたってしまうが、先週末、バクタプルの陶芸広場に用事があり久々に訪れた。

陶芸広場といえば、6年前、初めてテレビ撮影(BS-TBS「世界の窓」)のお手伝いをした際、ここを見下ろす「窓」を持つ家庭を、5分番組にもかかわらず2日がかりで撮影した思い出がある。

どこにカメラを向けても、地元の人が「Money」を手を差し出す様子にややうんざりとしたのだが、そういうことを抜きに考えれば、絵になる素敵な場所。

この日は曇り空だったが、壺やわらがあちこちに干してあって、その間を放し飼いの鶏が駆け回っていて、飽きない光景が広がっていた。

2014年12月6日土曜日

景色に溶け込む石臼


先週、SAARC会議の影響で落ち着かなかったカトマンズを抜け出して、久ぶりにチトワンを訪れた。

ちょっとした調べごとがあったのだ。

早朝4時前にカトマンズを発ち陸路チトワンへ。途中何軒か、タルー族の家を訪れる。


 
 
ここのタルー族は、住居と台所が別棟になっていて、どの家でも、台所用の畳三畳分ぐらいの小屋が別に建てられていた。

そして、庭に無造作に置かれている、石臼各種。




写真上は、日本でも見られる石臼。下二枚は、一見、他の石に紛れて区別をつけにくいのだが、すずり状の平たい石臼。

どちらも、周りの風景に溶け込みすぎている。

2014年11月22日土曜日

SAARCサミットに向けて



11月26日・27日、カトマンドゥ市内にてSAARC(南アジア地域協力連合)首脳会議が実施される。

すこし前から、カトマンズ市内の主要設備の塗装、門の作り変え、凸凹だった道路の修復、舗装等々、大慌てで取り掛かっていて、現在もまだ作業中。


昨日は、王宮前の道を一部分塗装しているところに通りかかった。かなり切羽詰まった雰囲気が感じられる作業ぶりで、すぐ近くをバイクが通過する真横で、作業車が勢いよく真っ黒なアスファルト乳剤を噴射。皆あっけにとられていたが、お構いなし。

こんな光景がカトマンズ各地で見られ、そのやっつけ感がたまらなくおかしい。

 
 
ところで、11月24日~28日まで、旅行にも影響が出そうな情報が多々入ってきている。まだ未定なことも多く、当惑しているのだが、一番厄介なのは、11月19日付けで入ってきた、ネパール航空省からの情報。11月25日~28日まで、国内線・国際線のカトマンズ空港離発着を制限する可能性があるというのだ。
 
11月20日付で空港で配っていた情報によると、この期間はカトマンズ空港を24時間体制で運営し、日中カトマンズ空港を離発着する国際線は夜間離発着にスケジュールを変更させる、とのことだった。
 
しかし主だった航空会社に直接確認しても、昨日21日時点でスケジュールは未定、とのこと。
 
離発着不可となると、かなり困るのだが、、、。
 
・・・
 
21日時点で確認している情報を別ブログにまとめていますので、ご参照ください。
SAARC首脳会議期間中のネパール旅行の影
 
・・・
 
今日の写真1・3枚目は、本日から市内各地に掲げられ始めた、SAARC加盟国の国旗。各国首脳の大きな顔写真が掲示されているところも。
 
ちなみにSAARC加盟国は次の8か国です。(ウィキペディア関連ページより転載)
 
  • インドの旗 インド共和国
  • パキスタンの旗 パキスタン・イスラム共和国
  • バングラデシュの旗 バングラデシュ人民共和国
  • スリランカの旗 スリランカ民主社会主義共和国
  • ネパールの旗 ネパール連邦民主共和国
  • ブータンの旗 ブータン王国
  • モルディブの旗 モルディブ共和国
  • アフガニスタンの旗 アフガニスタン・イスラム共和国

  • 2014年11月12日水曜日

    ネパールの桜


     秋咲きのヒマラヤ桜。

    カトマンズでもそろそろ咲き始める季節だが、2年前ぐらいから道路工事のため多くの桜の木が伐採され、市内ではあまり見かけなくなっていた。

    関連記事: http://dailynepal.blogspot.com/2012/11/blog-post_30.html

    が、本日別用で訪れたパタン某所で発見。ここには、たくさんの桜が植えてあって、管理状態も良いためか、市内の道沿いや、野山で見かける桜の木よりも、全体的に大振り。



    満開をやや通り越し、散りかけている花も。

    これからの季節、標高1500~2000mぐらいのトレッキングルート上や、ナガルコットへ行く道中でも、あちこちで桜を見ることができる。

    野山がピンクに染まっていたら、それがヒマラヤ桜です。

    2014年11月8日土曜日

    タンボチェのマニリンドゥ祭(2~3日目)


    11月6日、満月の日から始まった、エベレスト街道タンボチェ村でのマニリンドゥ祭。

    3日目の今日は、ラマたちが仮面をかぶり踊る日だと聞いている。

    現地から、たくさんの写真を送ってもらったので、その一部をせっかくなので掲載したい。







    現地僧院のラマたちへの取材もしたので、マニリンドゥ祭のこと、その他シェルパの習慣のことなど、またいつかまとめたいと思う。

    ===

    今回、久々にタレントや俳優さんが同行しない撮影で、なんとなく気は楽なのだが、スケール的には大がかりだった。

    放映は、年内の予定とのこと。決まったらまたお知らせします。

    2014年11月6日木曜日

    タンボチェのマニリンドゥ祭


    本日満月。エベレスト街道タンボチェでは、今日からマニリンドゥ祭が始まった。

    この祭りが目的ではないのだが、実はまたTV撮影手配中。これとは別の取材に同行するガイドもいて、スタッフやガイドたちが本日多数現地入りした。

    初日の今日はラマたちの舞がみられる日で、夕方現地の僧院から送ってもらった写真。

    祭り2日目の明日は、庶民へのプジャが行われ、3日目はラマたちが仮面をかぶり踊り、4日目に終わりの儀式が行われるそうだ。

    2014年10月24日金曜日

    地面に描かれる曼荼羅


    ネワール族の新年でもある本日。ネワール族住人の多いタメル地区には、あちこちに、Happy New Yearの垂れ幕が。

    街では、新年のパレードをする姿も見られた。

    毎年この日、ネワール族の新年とティハール祭を祝い、タメル地区中心部のナルシン・チョウクの路上には、大きな曼陀羅画が描かれる。

    ダルバートのダルスープにも使われる豆各種、米、マリーゴールドの花びら、アビル(プジャの際に利用する赤い粉)などを使って描かれるそうだ。

    2014年10月23日木曜日

    ラクシュミプジャの1日

     
     

    ティハール3日目は、富の女神ラクシュミ神を家に導きいれる日。

    オフィスでも、毎年行っている。



    ラクシュミ神が迷わず舞い降りるための円の模様と、道しるべを赤土で描く。マリーゴールドの花びらで飾りつけし、ところどころにオイルランプを灯す。

     

     
    毎年のスタイルは同じだけれど、微妙に模様が変わっているんだなあと、過去の記録と見比べてみたり。今年のは簡易版かも。
     
    オフィスの過去のラクシュミプジャ: 2011年  2012年   2013年
     
     
     
     
     
    この日の朝には、街中のいたるところで、山積みになったマリーゴールドの飾りを見かけることができる。門や窓を、この飾りで飾る習慣があるのだ。
     
    ・・・ 
     
    午後になると、オフィスにも、バイリ/バイロ隊がやってくる。歌ったり踊ったりしながら、次々やってくるバイリ(バイロ)隊に、ダチナ(ご祝儀)を渡す。
     
    

    オフィスにも、近所のホテルの従業員たちがやってきた。外でも、バンド機材とスピーカーをそろえた、本格的なバンド隊が大音量で歌とダンスを披露。

    ゆっくり鑑賞したいのはやまやまだけれど、仕事が山積みで、窓を閉め切って作業。

    夕方には緊急事態も発生し、緊迫状態で電話対応する中、外では大音量の楽しい歌声。

    日没後、キラキラ光る街のイルミネーションを見ながら帰宅し、一段落した後、近所のあちこちから聞こえる、夜まで続く楽しい歌声を聴きながら過 ごすのが、例年のこの日の流れ。

    ダサイン・ティハールなく仕事仕事で、ネパール人のスタッフたちには申し訳ないなあ、と感じつつ。

    2014年10月22日水曜日

    犬にプジャをする日


    今年は10月21日から始まったティハール祭。

    1日目はカラスにプジャをする日、2日目の今日は犬にプジャをする日。

    マリーゴールドの花輪を首からかけてもらい、おでこに赤いティカをつけてもらう。

    街中の犬がこんな状態で、ほほえましくなってしまう日なのだ。

    2014年10月16日木曜日

    (追加、訂正あり)ヒマラヤ豪雪、アンナプルナ方面雪の事故関連

    インドに上陸していたサイクロンの影響で、10月13日、14日とネパール全土で悪天候となっていた。この2日間、カトマンズでは大雨。
     
    高地では豪雪となったところもあり、アンナプルナ方面で大規模な雪の事故があったというニュースは日本でも報道された。
     
    これを受けて、トレッキング予約者の方、これから予定されている方、トレッキング中の日本の家族の方、メディアの方からの問い合わせが殺到。
     
    「アンナプルナ方面での事故」とのことで、「プーンヒルやアンナプルナベースキャンプには行けるのか」という問い合わせが一番多かった。
     
    また、1~2か月後のトレッキングに影響は出るか?というような相談も。
     
    アンナプルナ方面で多くの人が訪れる一般的なトレッキングコースの中で、今回の悪天候で影響が出たのはアンナプルナ外周コース。
     
    ちょうど14日にベシサハルからチャーメまで移動する予定だったガイドからの情報によれば、13日・14日の時点でチャーメまでの道は悪路のため通行不可。チャムジェ止まりとなっていたと。(現在もチャムジェどまり)
     
    トロンフェディあたりでの雪による事故で、マナンに停滞、もしくはマナンから引き返す人は、本日もたくさんいると。
     
    ただ、別のガイドからは、本日トロンパス越えしてムクティナートに抜けられたとの連絡も。
     
    このエリア以外にも、13日、14日の大雨中、各地にガイドたちが出ていた。16日までの時点で得られた、当時の現地情報は次の通り。
     
    ≪アンナプルナ方面≫
    ゴレパニ・プーンヒル方面:13日、14日の悪天候の2日間も、降っていたのは雨。
    アンナプルナBC方面:雪が見られたのはマチャプチャレBCあたりから。デウラリでは雨。
    ジョムソン方面:雨。ムクティナートで多少の積雪ありとのうわさを聞いたと。(トロンパスあたりでは4フィートぐらい積雪があるとうわさになっていたと)
     
    ≪エベレスト方面≫
    悪天候の2日間、ナムチェ、タンボチェ、ディンボチェでは雨。

    (訂正) 雪は降っていたようです。17日現在も、日陰には残雪が見られるとのことでした。お詫びして訂正いたします。
     
    ゴーキョ方面や、スリーパス方面予定のものとは携帯がつながっておらず、未確認。

    (追加)13日、14日各地で悪天候だった時にゴーキョにいたガイドと17日に連絡が取れた。当時、現地でも雪は降っていたが、ゴーキョピーク登頂、ゴーキョ先の氷河方面へも行くことができたと。
     
    ≪ランタン方面≫
    悪天候の2日間、キャンジンゴンパでは雪が3インチ(?)ほど積もったが、16日の時点で溶けたと。
     
    ゴサイクンダにはガイドは行っていなかったので現地情報はナシ。
     
    === 
     
    こう見ると、今回の悪天候により雪の影響を受けたのはごく一部の地域だった模様。
     
    同じアンナプルナ方面でも、プーンヒルやアンナプルナベースキャンプ方面ではほとんど影響は出ていなかった。
     
    また、ランタン(キャンジンゴンパ)方面、エベレスト方面の一般的なトレッキング道の4500mぐらいまでの地点では、「日本でもニュースになった豪雪」による影響は「まったくない」または「ほとんどない」状況だったといえる。
     
    なので、今回の悪天候による影響は、アンナプルナ外周ルートを除き、今後直近のトレッキングには影響はないといえる。
     
    しかし、一か月~二か月先のトレッキングについては、今回の雪の影響な受けていなくても、今後の天候次第なので、現時点では判断することはできない。
     
    ===

    ※ 一般的なトレッキングコースでの状況のみの情報となっています。
     
    ※ 公式情報ではなく、実際現地にいる(いた)ガイドたちからの、主観も混ざっているかもしれない声をもとに判断した内容です。

    (追加)ガイドたちへの質問がうまく伝わっておらず、誤った情報となってた部分は訂正・追加しました。たとえば、「雪の影響はどう?」という質問に、電話で確認している時点での降雪情報と勘違いし回答した者。「降ってはいたが影響はない」、という回答を、「雪が降っていない」とこちらでとらえてしまった、等。正しい情報が掲載できていなかったことを、お詫びいたします。

    ===

    最後になりましたが、被害にあわれた方のご冥福をお祈りするとともに、連絡が取れていない多数の方の安全が早く確認されることを願っています。

    2014年10月12日日曜日

    門の前でくつろぐ鶏


    自宅周辺、鶏を飼ってる家が多い。いつも道のあちこちで、せわしなく地面をつつきながら、自由に歩き回っている。

    常にどこかでひなが生まれているので、一歩家の門の外に出ると、その成長過程を日々観察できるのも面白い。

    ところで昨日、外出先から帰ると自宅の門の前に4羽の鶏が。うち2羽は、じっと座っている。

    そこを通らないと家に入れないのだが、追い払うのをためらうほどの、我が物顔でのくつろぎっぷり。

    しばらく写真など撮りながら、自ら去ってくれるのを待ったのでした。

    2014年10月10日金曜日

    TBS/MBS系「世界のすげぇにツイテッタ~」10月12日放送

    10月12日(日)22時15分~
    TBS系「さまぁ~ずの世界のすげぇにツイテッタ~」
    公式HP http://www.mbs.jp/twitetter/
    公式ツイッター https://twitter.com/MBStwitetter

    9月半ば過ぎに撮影協力の依頼があり、その後緊急で撮影許可証等作成。同時に、撮影候補地を探し、すぐに日本から撮影スタッフの方がネパール入り。

    過去そこそこの回数撮影のお手伝いをさせていただいているのですが、今回のは事前手配が大変だった部類に入るロケでした。

    にもかかわらず、依頼があってからまだ1か月たっていないのにもう番組が公開されるという。なんとなく不思議な気分で放送日を待っているところです。

    9月まで放送されていたNHK朝の連ドラ「花子とアン」の主人公の夫役をされていた、俳優の鈴木亮平さんが、記念すべき番組初回の「スペシャル・ツイッテッタ~」として、山に住むハニーハンターについていく、という内容になっているようです。

    ハニーハンティングの撮影は、3年前にも経験済みですが、今回はいろいろなハプニングがまちかまえていました。そんな様子も、番組で見ていただくことができるのではないかと思います。


    <蜂の巣のある崖まで道なき道を歩いている様子>
     
     
    ネパール編は、今回だけではなく、今後もいくつか登場予定とのことですので、またお知らせしたいと思います!

    2014年10月8日水曜日

    満月と月食


    日没後の帰り道、ふと夜空を見上げると、近代的な建物と、ダサインの竹のブランコの上に満月が輝いていた。

    今日は月食でもあった。日本では皆既月食が見られたようだが、こちらの月の出はネパール時間の17:59。欠け始めは残念ながらまだ明るく、見ることはできない。また、月食の終わりはネパール時間の18:19とのことで、月食が見られるのは後半のわずかな時間のみだった。

    詳しい月食情報は、ネパールの年初め(4月半ば)前に街で売られる、「パットロ」と呼ばれる、占星術に基づいたいろいろな情報が掲載されている暦に掲載されている。

    下の写真はその一部、本日の月食情報が載っている部分。     
     


    月食の日には何時間も前から断食して過ごす人も多いのだが、「パットロ」によれば、今日はネパール時間の朝8:59~月食終了の18:19までが断食しなければいけない時間となっていた。

    また、誕生星座によって、見ると幸運が訪れる星座、見ないほうがよい星座なども記載されている。今回の月食で、見るとご利益があるのは4つの星座、牡牛座・双子座・天秤座・山羊座だった。

    とはいっても、この星座は、西洋占星術に基づく、日本でも一般的に用いられている星座とは全然ことなり、月ごとに決められているわけではない。

    2014年10月5日日曜日

    青空に映える竹のブランコ

     
     
    10月に入りやっと毎日青空が広がるようになった。
     
    ダサイン、ティハール期間限定で各地に作られる竹のブランコの背景は、青空がよく似合う。
     
    
     
     
     
    上の写真は、ナガルコットへ行く道の途中の広場にあるブランコ。
     
    下の写真は、自宅隣の空き地にあるブランコ。
     
    自宅隣のは例年、ダサイン最後の満月(10月8日)を目途に、いったん座る部分が外される。
     
    でもまたティハール祭が始まる約2週間後に再設置され、ティハール祭終了と同時に、跡形もなく全て撤去される。
     
    楽しめる期間の合計はわずか15日間ほど。今は毎日、朝から夜遅くまで、近所の子供たちがやってきて、順番に楽しんでいる。

    2014年9月29日月曜日

    竹のブランコ設置開始

     
    秋の大祭、ダサイン・ティハール期間限定で各地に作られる竹のブランコ。

    昨日夕方帰宅すると、自宅隣の空き地に、朝出かけるときにはなかった 四本の竹の足組が立てられていた。
     
    そして本日夕方、空き地が騒がしいので見てみると、上に人がのぼり、4本を組み合わせる作業の真っ最中。

     
     
    足元では、竹にかけた縄を引っ張り、しならせるための手助けをする近所の男性陣。
     
    例年通りであれば、明日、長い縄と座る部分が取り付けられ、明後日フルパティ(ダサイン開始から7日目)の日から、ブランコ解禁となる予定。

    ダサインを祝う予定のない私でも、徐々にできていくブランコを見ていると、気分が高まってくる。

    2014年9月28日日曜日

    広島原爆ドーム似のカトマンズ空港前ホテル


    カトマンズ空港目の前にあるホテル。

    頭の形が、広島の原爆ドームを連想させるので、2010年の建築時から、気になっていた。

    昨日通りがけに何気なく眺めると、Cloud Zeroの看板が。


    ドーム型の部分が、Cloud Zeroという名のレストランになっているようだ。
    http://summit-residency.com/restaurants/cloud-zero/

    この形状と、クラウド・ゼロ。

    広島原爆ドームと、グラウンド・ゼロにかけているのだとしたら、不謹慎すぎない?

    2014年9月27日土曜日

    ポカラの日本山妙法寺(ピースパゴダ)の土砂崩れその後

     
    8月末に、ポカラの日本山妙法寺(ピースパゴダ)裏あたりから、フェワ湖にかけて発生した土砂崩れ。
     
    この影響で、本日現在日本山妙法寺への立ち入りは禁止されている。
     
      日本山妙法寺の通常の光景は次のブログをご参照ください。
     
    昨日26日午前中、スタッフたちがこの上空をヘリコプターで飛ぶ機会があったのだが、その時とってきてくれた写真から見ると、土砂崩れの様子がよくわかる。
     
    上の写真、中央の白い塔が日本山妙法寺。左上に見えるのがフェワ湖。
     
     

    白い塔の左真横、青っぽいシートで覆われている部分から、確かに下に木々が流れ消えている。

    この様子だと、立ち入り再開されるまで、まだしばらくかかるかもしれない。

    2014年9月22日月曜日

    【閲覧注意】ヒル地獄

    9月後半に入ったが、まだ雨季は明けていない。

    低地のトレッキングルートでは、まだ「ヒル」を見かけることがある。

    先週末、アンナプルナトレッキングルート上の、トルカ/ランドゥルン周辺の、トレッキング道ではない場所に用事があり、スタッフたちを派遣した。

    トレッキング道から徒歩2時間ほど離れた場所へ、地元の人の道案内のもと、背の高さまで生い茂る草を刈りながら道なき道を進まなくてはいけなかったのだが、地面や草には大量のヒル。ヒル地獄で大変だったそうだ。

    靴の縫目からヒルが入り込み、足首周辺吸われまくり、ククリ(鉈のようなネパールのナイフ)で傷つけたかのような血まみれ状態になった者。

    足首と靴の間に塩一袋分(約500g)を詰め込んでいたおかげで、足周辺の被害は少なかったが、おなかに違和感を感じシャツをまくったら、へその中央を吸い付かれていた者。

    あまりのひどさに、先へ進めなかった者。

    トレッキング道では、ここまでひどい状況にはならないが、まだまだ、出没している様子だ。


     ↓ ↓ ↓ 【閲覧注意!!】 この下、数匹のヒルの画像あり ↓ ↓ ↓





    2014年9月10日水曜日

    ダルバートの食べ方

    相変わらず食べ散らかし画像ですみません。
     
     
    午前中、外出先で同行者がローカル飯屋でダルバート を食べていくというので、私もついていく。
     
    主なメニューはダルバートしかなくて、特に注文しないかぎり、席につくとダルバートを持ってきてくれる、という、典型的なローカルなダルバート屋。
     
    客はおそらくほとんどが現地人で、肉メニューも、通常ヤギ肉しか扱っていない。
     
    ヤギ肉は好きではないので肉なしで注文。今日のタルカリは、ヘチマとジャガイモ、枝豆を使ったもの、ぜんまいの炒め煮。おかわりにはキノコ入りの物も出てきた。
     
    この店周辺には、各種車両を手配する会社や、車の整備工場がたくさん並んでいて、そういう関係で、この飯屋も、運転手たちの利用が多い。
     
    各地の飯屋情報に豊富な彼らが口をそろえておいしい!と絶賛する飯屋で、変に細工していない、家庭の味のダルバートを食べられる。
     
    食べながら、ダルバートの食し方談義で盛 り上がる。
     
    多くの人が、ごはんの手前側にダルのスープをかけて、皿の向こう側に向かって食べ進めるかと思うのだが、同行者の一人は、まったく逆の方法で、ごはんの外側からダルスープをかけ、手前に食べ進めるのが正しい、と主張。
     
    そうしないと、子供の時は親に怒られた、と。
     
    他のメンバーは、口をそろえて逆でしょー、と言っていたが、食べ方も人それぞれのようだ。
     

    2014年9月9日火曜日

    修理屋さん


    オフィスの向かい側の路上でいつも店を構えている、靴磨き屋さんがいる。

    オフィスの窓から呼ぶと、靴を取りに来て、出来上がったら持ってきてくれるので、スタッフともどもよく頼む。

    傘の修理もしてくれるため、骨が何か所も折れてみすぼらしくなっていた2本、昨日頼みに行った。

    折り畳み傘が主流のネパールだが、渡したのは長傘。そのためか、傘を見た瞬間、壊れた場所を見せてもいないのに、「これは、、、直せるかどうかわからない」と言っていたのだが、無事修理してくれて、本日、届けてくれた。

    ボキボキに折れていた骨や、曲がっていた部分もきれいに直してくれていて、感激。

    修理代、けっこうしたかなあ、と尋ねると、「2本で130ルピー」と。(約145円)

    ありがたいことです。

    2014年9月4日木曜日

    冠水後は砂埃


    つい先日まで、雨が降ると冠水し、池状態になり交通渋滞を巻き起こしていた、タメル北・ラインチョウルの道。

    8月14日付・冠水するカトマンズの道
    http://dailynepal.blogspot.com/2014/08/blog-post_14.html

    ここの所強い日差しの日が続き、一気に乾いたのはいいが、今度はひどい砂埃が巻き上がり、視界がかすむことも。



    道の地表が見えてきて、こんなに凸凹が激しかったのか、とあらためて実感。

    このまま乾季を迎えるのは、かなりつらい。

    昨日ぐらいから近くの広場にショベルカーを見かけるようになったので、そろそろ本格的な整備が始まるのかなあ、と期待中。



    2014年9月3日水曜日

    バダウ月の強い日差し


    数日前から、日中は晴れ、強い日差しが降り注いでいる。

    青空が広がっているかと思いきや、突然、傘を開くのも間に合わないぐらい、一時的に豪雨となるのが、ネパールの公暦・ビクラム暦の5月、バダウ月の典型的な天候。

    ここ何日かは、雨は夕方~明け方にかけて強く降る日が多い。

    さて、日中晴れ間が広がると、強い日差しを利用して、とうもろこしや唐辛子を日干しする光景をあちこちで見かける。

    一瞬にして乾かしてしまうほどの日差し。村の人は「とうもろこしがよく乾くぐらいの日差しだねえ」というように、表現したりする。

    写真は、今朝、近所のマサラ屋の前を通ったときのもの。唐辛子の赤い色が、青い空の下、映えていた。

    2014年8月31日日曜日

    ソル地方のりんご


    今日で8月も終わり。

    晴れるとまだまだ暑いが、少しずつ秋の気配も感じ始めている。

    オフシーズンの間、村に帰省していたガイドたちも、秋のトレッキングシーズンに向け、そろそろカトマンズに戻って来始め、またオフィスがにぎやかになってきた。

    ガイドやスタッフたち、帰省を終えてカトマンズに戻ってくるときには、よく、田舎の手土産を持ってきてくれる。

    圧倒的に多いのが自家製のギウ(バター)で、他には、乾物の豆、ジャガイモ、その他季節の野菜など。生きた鶏をバスに載せて持ってきてくれたガイドも。

    先日はスタッフが極太きゅうりを持ってきてくれた。

    今日の土産は、りんご。ソル地方に帰省していたガイドの村では、今、たくさん実をつけているのだそうだ。

    大小さまざまで、ごつごつしていて、野性的な外観。

    シャキシャキしていて、すっぱく、そして適度に甘いという、新鮮で、自然の味。

    あっという間に、全部なくなってしまった。

    2014年8月30日土曜日

    タパタリの橋


    カトマンズからは、建物や近くの丘が邪魔して、白いヒマラヤを見ることのできる場所は限られている。

    その中の一つ、バグマティ川にかかる、カトマンズとパタンを結ぶ、タパタリの橋。


     

    今朝は気持ちの良い青空が広がっていて、近くの丘の稜線もくっきり見えていた。

    カトマンズ側から、パタン側へ移動する途中、きっと、白いヒマラヤが見えているはず! と、橋の途中で振り返ると。

    やっぱり見えていた! 

    写真中央のはっきり見えている二つの白い山と、左側に続くうっすら見えている白いのがヒマラヤ。右側のもくもくは雲。

    橋の上から山を眺めると、視界にずっと電線が入ってしまうのだが、このポイントに差し掛かった時だけ途切れ、思わずカメラを取り出してしまった。

    ・・・

    タパタリの橋を通るたび、毎回思い出すことがある。

    15年ぐらい前だったか、当時某NGOの職員でカトマンズに駐在していた方と一緒にこの橋を車で通った時。

    往復の片側がインドの支援で、もう片側が日本の支援で作られたということを教えてもらい、橋の外観の違いもさることながら、「車に乗っていると、渡り心地が全然違うから、意識しておいてくださいね」と言われたことがあった。

    いまだに毎回、意識しながら通ってしまうのだ。