2016年9月28日水曜日

ヘリコプター事故のニュース


先日用事でソル方面標高3500m程の場所に飛ばしたヘリ。

しかし天候不良で目的地には到着できず、近くの広場に着陸し天候の回復を待つことに。飛べば5分程だが、歩くと10時間以上かかる場所。

その後も雨や霧が続き視界不良。一瞬霧が晴れたすきに離陸を試みるも、目的地がすぐ霧に包まれてしまい無駄足に終わったり、離陸地は霧に包まれているが、目的地は晴れているとのことで、一気に上昇し霧を抜けて移動できないか試みるもやはりだめだったり。

そうこうしているうちに燃料が足りなくなる恐れも出てきたため、あとは天候の回復まで現地で待機するより他なくなってしまった。

山の天気は変わりやすい。飛ばしたヘリが、現地に到着できなかったり、到着できてもその後の天候不良でカトマンズに戻って来られなかったり、ということは過去何度も経験しているが、今回ほど悪いタイミングが重なったことはなく、同乗していたスタッフ、パイロット、カトマンズで待機する私たち皆、やきもきし続けた。

結局、視界が晴れ、ヘリが飛べ、カトマンズに戻ってこられたのは4日目。

それから6日後の9月25日、ヘリに同乗していたスタッフが、その時撮ったヘリの写真を見せながら、当時の状況を語っていたまさにその時、一本の電話が。その時のパイロットからで「先日使ったヘリが事故った」という知らせ。

今回は別のパイロットが操縦していたそうだが、カトマンズに帰還してすぐのこのニュース、しかもまさに今、そのヘリの写真を見ていた時に受けた知らせに、一同ショックを隠せなかった。

ちなみに9月25日のこの事故は、ルクラ発カトマンズに戻る途中のヘリが、エンジン不調により強制着陸を余儀なくされた、というもの。幸い、乗員乗客は無事だったとのこと。

ニュース記事:http://www.myrepublica.com/news/6281

2016年9月26日月曜日

ナガルコットからの景色


ナガルコットには年に数回訪れているが、こんなすばらしい景色を見たのはこの日がはじめてかもしれない。

9月24日、日没前に見えた、見事な半円を描くきれいな虹。しかも二重。

全てを写真に収めることはできなかったけれど、標高約2100mから見渡せる、さえぎるもののない広い空いっぱいにかかる虹は、息をのむほどの美しさで、感動。

・・・

この日は昼頃から雨。ナガルコットに到着した昼過ぎは、一面霧で、近くの木々もかすんで見えるほどだった。


しかし夕方には雨もやみ、雲の隙間からヒマラヤが顔を出し始める。

ヒマラヤ観賞目的でナガルコットに来たわけではないけれど、こうやって見えてくると、やっぱりうれしい。



ヒマラヤだけで言えば、もっと素晴らしい光景を何度も見てきているが、このタイミングで現れた霧、雲海、ヒマラヤ、そして虹。

ナガルコットで楽しめる景色は、ヒマラヤだけではない、ということを、あらためて実感したのだった。

2016年9月15日木曜日

おもしろい標識


カトマンズ市内の外出先で見かけたおもしろい標識(?)。

何度も通ったことのある道だけど、今まで気づかなかったなあ。

と思って、最近このあたりで撮った写真を見返してみたら、あったあった!



約一ヶ月半前の撮影手伝い時、撮影風景を撮った写真。モフモフマイクのちょうど真下に、この標識(?)が見事に写っていたけれど、この時は全く意識もしないでいた。


カップにレモンが浮かんでいるように見えるけれど、どういう意味なんだろう?

2016年9月13日火曜日

インドラジャトラ祭始まる


本日朝、カトマンズダルバール広場に、リンゴ(御柱)が建てられた。この建立を合図に、インドラジャトラ祭が始まる。

今年は今日9月13日~20日まで。8日間続く祭。

この祭りの期間中3日間、少女の生き神様クマリが人前に顔を出し、山車に乗って旧市街を違ったルートで巡回する。今年は9月15日、16日、20日にあたっているそうだ。

地元カトマンズ旧市街に住むネワール族がメインでお祝いするが、これ以外に住む人たちにとってはそれほど執着のある祭りでもないのが実情。しかし例年、クマリの山車巡行初日には、カトマンズダルバール広場がたくさんの見物客であふれかえる。



インドラジャトラ期間のみ御開帳となる、スウェタ(セト)バイラブ神。訪問時は、地元の人たちの手でキレイに磨かれている最中だった。



手前のカーラバイラブ神と、奥のスウェタバイラブ神。両方をあわせてみることができる、一年に一度の貴重な光景。

・・・

ところで、ニュースによると、今朝、御柱を立てる際、柱が倒れけが人が何人が出たとか。良くないことが起きる前兆、と不吉がっている人も、いるとかいないとか。

2016年9月3日土曜日

ラジオ出演のお知らせ2件(9/5~9、9/11)

久々に日本のラジオに、ネパールより電話出演させていただきます!
しかも、別々のラジオ局からの依頼が重なり、一週間に2件、6回分となります。

一件目:
9月5日(月)~9日(金)の毎日5日間、午前6:40~6:43
TOKYO FMをはじめJFN全国38のFM局(詳しくは後記ご参照ください)
「コスモアースコンシャスアクト 未来へのタカラモノ」
https://www.facebook.com/earth.act/ 
※ 「ネパールのタカラモノ」を、毎日一つずつ紹介していきます。(収録放送です)

  (放送後追記)
  次のような内容でお話ししました。
  
  5日 「スワヤンブナート
  6日 「バグマティ川清掃活動
  7日 「人と人との距離感
  8日 「秋の大祭ダサイン祭
  9日 「母なる存在の牝牛


二件目:
9月11日(日)18時台
NHKラジオ第1/NHKワールド・ラジオ日本
ちきゅうラジオ「世界のイチメン」のコーナー
http://www.nhk.or.jp/gr/ichimen/index.html
※ 新聞の一面から気になる話題を紹介するコーナーです。生放送です! 日本国外にお住まい方でも、放送一週間以内であれば番組サイトより放送をお聞きいただけます。

・・・ 

過去10回ほど、ネパールから電話を通して、日本のラジオに出演させていただいたことがあるのですが、最後の出演が約3年半前(昨年4月の地震の際の緊急インタビューを除く)。久々の出演に、嬉しいやら、緊張するやら。

偶然にも、これからベストシーズンが始まる!という時期に、ネパールで感じる素敵なこと、最近の話題など、たくさんご紹介できる機会を持つことができ、とても嬉しいです。

お時間があえば、是非お聞きください!

・・・ 

9月5日(月)~9日(金)の「コスモアースコンシャスアクト 未来へのタカラモノ」は、TOKYO FMをはじめJFN全国38の次のFM局でもお聞きいただけます。

<放送局一覧>
北海道 Air-G' エフエム北海道
青森県 FM青森 エフエム青森
岩手県 FM岩手 エフエム岩手
宮城県 Date fm エフエム仙台
秋田県 AFM エフエム秋田
山形県 Boy-FM エフエム山形
福島県 ふくしまFM エフエム福島
栃木県 RADIO BERRY エフエム栃木
群馬県 FMぐんま エフエム群馬
東京都 TOKYO FM エフエム東京
長野県 FM長野 長野エフエム放送
新潟県 FM-NIIGATA エフエムラジオ新潟
静岡県 K-MIX 静岡エフエム放送
愛知県 FM AICHI エフエム愛知
岐阜県 Radio 80 岐阜エフエム放送
三重県 radio CUBE FM三重 三重エフエム放送
富山県 FMとやま 富山エフエム放送
石川県 HELLO FIVE エフエム石川
福井県 FM福井 福井エフエム放送
滋賀県 e-radio エフエム滋賀
大阪府 fm osaka エフエム大阪
兵庫県 Kiss-FM KOBE Kiss-FM KOBE
鳥取県 V-air エフエム山陰
岡山県 FM岡山 岡山エフエム放送
広島県 HFM 広島エフエム放送
山口県 FMY エフエム山口
徳島県 FMとくしま エフエム徳島
香川県 FM香川 エフエム香川
愛媛県 JOEU-FM エフエム愛媛
高知県 Hi-Six エフエム高知
福岡県 FM FUKUOKA エフエム福岡
佐賀県 FMS エフエム佐賀
長崎県 fm nagasaki エフエム長崎
熊本県 FMK エフエム熊本
大分県 Air-Radio FM88 エフエム大分
宮崎県 JOY FM エフエム宮崎
鹿児島県 μFM エフエム鹿児島
沖縄県 FM沖縄 エフエム沖縄

2016年9月1日木曜日

ティージ前、今年のダルカネメニュー



既婚者は夫の、未婚者はまだ見ぬ夫の健康や幸せを願い、断食し、祈り、踊る祭り、ティージ。

断食に備え、前夜までお腹いっぱいご馳走を食べるダルカネ(दर खाने)という行事がある。

毎年オフィスでも、昼食の時間を利用して、いつもの賄食よりもやや豪華なご馳走を作ってもらっている。

今年のダルカネメニューは・・・

フライドチキンレッグ、ヤギの内臓炒め、パニール炒め(ベジタリアンで肉料理が食べられないスタッフ用)、ジャガイモとキュウリのアチャール、バクタプル産ヨーグルト。

どれも美味しくて、賄い食にしておくのはもったいないぐらい。

特にフライドチキンレッグは、(時々作ってもらうのだが)各種マサラに漬け込み、適温で揚げるためか、カトマンズにある某K●Cなんかよりおいしい。



この日の女性スタッフのドレスコードはサリー。ティージらしい気分も高まる。

そしてなぜだろう、毎回ご馳走メニューのあとは、皆、パーン(पान)を食べたくなるようで。


パーンとは、キンマの葉に、スパイス等が包まれている、噛む嗜好品。約4cmほどあるこの塊のまま、口の中に入れる。

今回も、近所のパーン屋に見習いスタッフ君を買いに走らせていた。