2014年2月28日金曜日

シバラトリいろいろ


 
 
昨日のことになってしまうが、シバ神生誕祭・シバラトリの日の街の様子をいろいろと。
 
カトマンズ市内にある、シバ神を祭るパシュパテイナート寺院。毎年、ネパール国内のみならず、インドからも修行者が集まり、この日にパシュパティナートを訪れる人は10万人を超えるとも言われている。
 
祭りの前から盛大な飾りつけが始まり、夜間通ると幻想的な雰囲気に。
 
 
 
 
 
 
 
シバラトリ当日は、路地裏のいたるところで、通せんぼをする子供たちに遭遇する。
 

 
シバ神へのお供え物や、焚き火のための薪を、集まったお布施で用意するのだそうだ。が、実際には、お菓子を買って終わり、というケースがほとんど、かな。

街中では、シバ神をたたえながらパレードする人たちに遭遇する。
 




火を焚く習慣もあるのだが、焚き火をするのにふさわしく、日中、日があまり差さず、やや肌寒さを感じる1日だった。

2014年2月20日木曜日

先日のカトマンズ夕景


ひとつ前のブログを書いた次の日17日から天気は回復。

最初の写真は17日夕方、カトマンズ空港到着寸前のイエティエア機と、北方面に見えるヒマラヤ。



16日夕方には、くっきりと半円の虹も見えていた。

カメラに収まらないほどの大きな虹。二重だったことに気付く。


 
 
朝もやというのか、春霞というのか、カトマンズ空港視界不良の影響で、3日間ほど、9時過ぎにならないと飛びたてる状況にならず、朝の便が遅延気味。
 
天気予報によれば、土曜にまた天気がくずれる見込とのこと。
 
一雨ごとに暖かくなる季節。私が毎年初夏到来の指標にしているジャスミンの花も、そろそろ咲き始めるかもしれない。

2014年2月16日日曜日

焚火で暖を取る



2月14日より天気が崩れ、16日までの3日間、雨が降ったりやんだりの日が続いている。

1枚目の写真は、タメル地区よりやや東方面の建物の屋上から元王宮(現博物館)方面を眺めた時の空模様。

カトマンズ発着マウンテンフライトや、ルクラ路線は3日間全便欠航。

悪天候が影響だったのかは不明だが、本日また、ポカラ発ジュムラ行き、ネパール航空(RA)便墜落事故が起きた。山方面に向かう国内線事故は、多くがこういう天候の日に起きている気がする。




 真冬(12月末~1月末頃)までの厳しい冷え込みはないものの、日が差さず肌寒い日々。

それまで日中はだいぶ暖かくなっていたので、片付けてしまっていた防寒着を引っ張り出してはおる。

2枚目の写真は、寒い時に日常的にみられる、焚火で暖を取る光景。

あちこちで見かけるのだが、タメルにある地図やポストカードを売る店の店先で、高い炎を上げる焚火を見た時にはハラハラしてしまった。

パチパチ勢いよく火が燃えると、店先にぶら下がっている、電気のコードまで炎が届きそう。

すぐ後ろの店内には、紙製商品の山。

火元の原因は違うが、昨年起きたブックショップ全焼の火事を連想させ、怖い。

2014年2月11日火曜日

川に落ちたバス


昨日の出来事。

パシュパティナート近くのティルガンガで、川に突っ込んでいるバスを発見。

洗車でもしているのかと思ったらそうではなく、野次馬の話によると、カラシ(運賃を集める乗務員・10代の男性が多い)が運転していて、誤って落ちたのだとか。乗客はいなかった模様。

川に落ちたバス、カトマンズ~ポカラなどを結ぶ長距離幹線道路で崖下をのぞくと、時々見かけることがある。

異常なことのように感じないのは、車両の川底転落事故は、割とよく聞くニュースだからだろうか。

ちなみにこのティルガンガのバス、今日同じ道を通ったら、引き上げられなくなっていた。

2014年2月10日月曜日

TBS/MBS系「ホムカミ」2月9日&16日放送分



2月16日(日)22時~
TBS系「ホムカミ~ニッポン大好き外国人!世界の村に里帰り」
http://www.mbs.jp/homecoming/

10月放送分に引き続き、今回もまた、ネパール編の撮影協力をさせていただきました。

2つの撮影が同時にあり、そのうちの一つは昨日2月9日に放送されてしまったのですが、大阪でホームステイをしながら学生をしているネパール人女性の、ネパールのご実家を突撃訪問するシーンが流れたかと思います。

写真は、その撮影の際、私たちの日本語通訳が急遽リポーター役をすることになり、ホムカミのはっぴを着て実家を探しているシーン。

彼、過去、私たちが日本のテレビのコーディネートをさせていただいた際に、ある時は女優さんの旅のお相手として、ある時はチンピラ役で、等、脇役と言えども重要な役で、何度か日本のテレビに登場しています。外タレブームの日本から、そのうちスカウトされに来るかも、と、撮影クルーの方からよくからかわれています。

さて、今回の親善大使はIMALUさん。撮影の合間にオフィスにもお立ち寄りいただき、サインもいただきました。

次回のネパール編、是非ご覧ください!

2014年2月7日金曜日

カトマンズ~ポカラ/チトワン/インド国境間道路の夜間通行止め情報


2月7日付大使館からのお知らせによると、次の通り主要幹線道路の夜間通行止め予定があるとのこと。

===以下転載===

期 間:2月9日(日)~2月24日(月)
時間帯:午後8時から午前4時までの間
区 間:プリティビハイウェイ(カトマンズ-ポカラ間)のうち、タンコット-ナウビセ間

※タンコットはカトマンズ盆地外(西方)に出てすぐの街です。 また、ナウビセはポカラに通じるルートとヘタウダやビルガンジに通じるルートの分岐点となります。

===転載以上===

≪補足≫
この区間が通行止めとなると、カトマンズ~ポカラ、カトマンズ~チトワン、カトマンズ~インド国境などの移動ができなくなります。

そろそろ学生の旅行者が増える季節。移動時間を有効に使うため、夜行バスを利用してカトマンズへ入ったり、抜けたりする計画を立てる人も増える時期ですが、この期間は夜間の移動ができなくなりますので、気を付けて。

※ 冒頭の写真は、カトマンズ盆地の西・タンコットを過ぎたあたりから西方向に向かって見える風景(2007年5月撮影)。今回の車両通行止め区間は、この辺りの道も含みます。