2016年12月8日木曜日

ネパール国内線料金値下げ(2016年12月7日より)

燃油料値下げにより、12月7日発券分より国内線料金がわずかに値下げとなっています。

旅行者の利用の多い主な路線の片道料金は、以下の通りです。

≪片道国内線料金(燃油料+空港利用料込)≫
カトマンドゥ~ポカラ間 124USドル → 123USドル
カトマンドゥ~ルクラ間 159USドル → 158USドル
カトマンドゥ~バラトプル(チトワン)間 112USドル → 111USドル
カトマンドゥ~バイラワ(ルンビニ)間 142USドル → 141USドル
カトマンドゥ発マウンテンフライト 197USドル → 194USドル

他の主要ルートの新料金については、私の経営する旅行会社の国内線運賃のページに掲載していますのでご参照ください。

2016年12月2日金曜日

「米」入りヨーグルト(ダヒチャマル)


毎日食べているオフィスご飯。本日のメニューは、昨日、トゥラシという聖なる植物のプジャのため欠勤していたスタッフからの差入れ。儀式のあとにふるまわれた食事の一部。

セルロティ(米粉ドーナツ)、プリ(揚げパンのようなもの)、ジャガイモのネパール風胡麻和えや、大根とロプシという果物のアチャール。


メインはヨーグルト。ココナッツ・レーズン・ナッツ類と一緒に、今秋収穫されたばかりの新米が「米」のまま生で入っている。

米を牛乳で炊き、甘い粥(キール)として食べることは多いが、「生の米」をこうやってヨーグルトに入れ食べるのは、今の時期に行われるトゥラシのプジャのみに限られ、また、「米」は「新米」に限られるそうだ。