2016年8月15日月曜日

人身事故による道路封鎖



今朝カトマンズを発ちポカラ方面へ移動することになった。

陸路の車両移動が可能な場所では、極力車で移動する。時間はかかるが、季節によって変わる景色、長距離トラックに書かれたイラストやメッセージを眺めつつの移動は、何度経験しても飽きることがない。

7月中は大雨で土砂崩れの影響もあったこのルートだが、ここの所は平穏。

しかし、いつ通っても、事故車両や、事故現場を見かけないことはない。小さな事故から大きな事故まで、常に発生しているといっても過言ではないかもしれない。

1枚目の写真の様に、側溝に落ちて放置されているトラックや、完全に横転しているトラックなど、片道約200㎞の移動の中で、事故車両を本日も数台見かけた。

そして昼過ぎ、ポカラまであと約30km程のところで、事故渋滞に遭遇。



ここから11km程先でトラックとスクーターの事故があり、スクーターに乗っていた人が亡くなったというのだ。

被害者の関係者が、加害者に抗議する目的で現場周辺の道路を封鎖しているとのことで、その影響が上下10㎞以上にわたって出ていたのだった。

強い日差しが厳しく、日陰を探し近くのチョウタラの下に車を止め、はるか続く足止め車両を見ていたら、カトマンズからのツーリストバスを何台も目にし、目の前にはグリーンラインのバスが。



昨今、政情が関係するストや道路封鎖の際には、外国人や旅行者登録のある車両(緑色ナンバープレート)は封鎖対象外となり、通行させてもらえることがほとんどなのだが、内輪の揉め事が原因での封鎖の場合、その影響をモロに受けてしまう。迂回路がないから解除となるまでひたすら待つしかない。

バスの横にできたわずかな日陰で休む外国人ツーリストも。



機体不調、鳥との接触事故、天候不良等の影響で事故が多い空路を避け、安全な陸路移動で計画したつもりでも、こういう事態に巻き込まれ、にっちもさっちもいかなくなることもけっこうある。

計画通りにいくネパール国内での確実な移動方法など、ないといえるかも。

・・・ 

ちなみに本日の渋滞。動き出すのは日没後かもしれない、とのうわさが飛び交っており、日付が変わるまでにポカラにつけば御の字、ぐらいに覚悟を決めのんびりしてたところ、1時間ほどで封鎖が解け、その後はスムーズに移動できたので、ポカラ着後の予定にはほとんど影響は出なかった。

でも、過去には、通常7~8時間で移動できるところ、数時間以上の足止めを食い15時間以上かかったケースもあった。そういう事態に巻き込まれてしまったら運が悪かったとあきらめるしかないのが実情。

・・・

ところで本日、カブレ郡でもローカルバスの大事故がありたくさんの方が犠牲になられたとのこと。

お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りいたします。

2016年8月11日木曜日

フレッシュジュース


外出先で喉が渇き、フレッシュジュースが飲みたくなって立ち寄った、小さな商店。

ちょっとした食糧を扱う店だが、店頭に果物も並んでいて、店の奥に手動搾り器が。

こういう店では、注文するとすぐに、フレッシュジュースを作ってくれる。





パイナップルとモウサム(柑橘類)ならジュース用の下準備もできているというので、注文。

250mlほどのグラスに入ったものが、70ルピー(約70円)。

砂糖は入っていないが十分甘くておいしい。水も加えておらず、正真正銘果汁100%の味。

常温で生ぬるいのだけれど、それがかえって体に負担をかけなさそうで、優しく体内にしみわたっていく。

店によっては岩塩パウダーを置いてあるので、ちょっと加えると天然スポーツドリンクになるのだ。

2016年8月7日日曜日

カトマンズ空港の犬


カトマンズ空港敷地内では、荷物のにおいを嗅ぎながら歩き回る犬を目にする。

敷地内とは言っても、ターミナルビルの外ではあるが、出発ロビーに入る前のあたりで、これから出国する人たちが、カートに荷物を載せながら慌ただしくしている場所。




人々の間をすり抜け、荷物をかぎながら忙しそうにしている犬たち、一見セキュリティ犬っぽい動きをしているが、全部、勝手に空港に紛れ込んできた、ただの野良犬。

この時だけでも、数匹はいたかな。

・・・

気の向くままに仕事をしたら、休憩はどこでも自由にとってよし!




2016年8月6日土曜日

撮影用モフモフマイク


今春から取り掛かっていた撮影のお手伝いが、先日終わった。

撮影同行中は、いつもおかしなことに遭遇する。

写真は、カトマンズ旧市街アサン地区での一コマ。地元民、モフモフのカバーを付けたマイクに興味津々。

「あれで高いところのすすを掃除してくれるのか?」と聞いてくるおばさんとか、「私たちが地元をきれいにしないから、ほら見てごらん、外国人のプロジェクトがきれいにしてくれているんだよ」と語り合うおじさんたちとか。

よく掃除道具と間違えられるモフモフマイク。以前も、撮影隊出国時の税関手続き時に、職員にどや顔で間違えられたこともあった。


そして今回は、このほかにも苦笑する出来事が。

カトマンズ市内、住宅が密集するエリアでの、屋上でのインタビュー時。向かいの家の屋上で飼われている小型犬が甲高い声で吠え続け、撮影にならない。普段はこんなに吠えることはないそうなのだが、どうやら、このモフモフに反応しているらしい。

仕方ないので、場所を変えることにしたのだが、確かに、高い位置で微妙に揺れる動物っぽい物体のこのモフモフ、犬にとっては気になる存在だよなあ。

・・・

ちなみに今回の撮影はテレビ用ではないのだが、WEBで見られるようになるそうなので、公開されたらまたお知らせします!

2016年7月26日火曜日

冠水するカトマンズの道路


今年の雨季は雨が多い。ここ一週間ほどは連日雨。

6月15日に雨期入りしてから昨日までの41日の間に、ネパール国内線・カトマンズ⇔ルクラ便の全便欠航が18回(18日)あった。

エベレスト遊覧飛行(マウンテンフライト)欠航は14日。ポカラ往復便全便欠航は3日。

雨季だから雨が降るのは当たり前だが、こんなに欠航が多い6~7月は珍しいような気がする。

・・・

冒頭の写真はカトマンズ某所で今朝見かけた光景。

昨夕から続いてた本格的な雨の影響で、道にはひざ下ぐらいまで水がたまっていた。車やバイクは水しぶきをあげ走行。通行人は塀によじ登り金網にしがみつきながら通過。


・・・


そしてオフィスに到着すると。

向かいにあるビルのガラスの屋根を、小雨降る中、命綱もつけず洗剤を流しながらブラシで掃除する人たちの姿。滑りそうで怖い。

当の本人たちの、「こんなとき地震来たらどうするー!?」なんて声も聞こえてきて、私たちも向かいの窓から、ハラハラしながら見ていたのだが、何事もなく作業が終わったようなので良かった。

2016年7月25日月曜日

ターキッシュエアラインズその後


2015年3月4日早朝、カトマンズ空港着陸失敗事故を起こしたターキッシュエアライン機。

撤去する方法がなく、未だに、国内線ヘリポートの近くに放置されている。



大きな機体の下は日よけや雨宿りにちょうどよく、今や、近くにあるヘリコプター会社職員たちにとっての「チョウタラ」(※)的役割を果たしているように見えなくもないとか。

実際のところは、そんなのんきな状況ではなく、駐機料がかさみ、いずれ分解され撤去される予定とのことだが。

※チョウタラというのは、菩提樹や大きな木が植えられている、休憩所。カトマンズのような都会にも、山道にも、南の方にも、いたるところにある。木の下に腰かけながら、休んだり、世間話をしたり、チヤを飲んだりする、庶民の憩いの場。

(以上写真二枚、7月24日朝、スタッフによる撮影)

・・・以下、チョウタラいろいろ・・・

↓カトマンズ市内にあるチョウタラ。菩提樹の木の下にお茶屋もあり、いつも誰かしらくつろいでいる。




↓トレッキングルート途中にあるチョウタラ。大きな桜の木が植えられていて、地元の人のみならず外国人トレッカーの休憩所にもなっている。

2016年7月14日木曜日

ネパールの先割れスプーン


庶民が利用するパーティーパレス(パーティ用に作られた会場)で、振る舞われる食事と共に置かれるのは、先割れスプーンであることが多い。




ケータリングを利用してもしかり。




これ一本で、スプーンとフォークの二役をこなせるからのようだ。
一般家庭や普通のレストランでは、あまり見かけないのだが。

2016年7月8日金曜日

最近のタメルのこと


タメル地区にオフィスがあり、ほぼ毎日行き来しているにもかかわらず、オフィス周辺以外のタメル最新事情にはことごとく疎い私。

昨晩久々に夜のタメルを歩いていて、地面にグルグル映し出されるおもしろい光を見つけ、思わず立ち止まってしまった。

video


ここ数年の間に中国系のホテルやレストランが増えているのだが、夜になると、プロジェクターライトを使って地面にロゴ投影するのが最近の流行りみたいなのだ。昨晩の訪問場所近く2か所で発見。

・ ・ ・ 


もう一件タメルの話題を。

6月初めごろからだろうか。「禁煙、20㎞速度制限、警笛音禁止」の注意を促すバナーがあちこちに掲げられているのを見かける。

関係者曰く、公共の場でのマナーを守ろう、という目的で始めたとのこと。

歩きたばこや、狭い道を歩行者をひき殺さんばかりに走るバイクや車、危険だからなあ。

以前、車両進入禁止とする計画が実施され、しばらくの間タメルへ入る道のあちこちを封鎖していたこともあったが、非現実的な計画で、自然消滅的に廃止となっていたこともあった。

2016年7月4日月曜日

ネパール国内線料金値下げ(2016年7月4日より)

燃油料値下げにより、7月4日発券分より国内線料金がわずかに値下げとなっています。

旅行者の利用の多い主な路線の片道料金は、以下の通りです。

≪片道国内線料金(燃油料+空港利用料込)≫
カトマンドゥ~ポカラ間 126USドル → 125USドル
カトマンドゥ~ルクラ間 161USドル → 160USドル
カトマンドゥ~バラトプル(チトワン)間 114USドル → 113USドル
カトマンドゥ~バイラワ(ルンビニ)間 145USドル → 143USドル
カトマンドゥ発マウンテンフライト 203USドル → 199USドル
他の主要ルートの新料金については、私の経営する旅行会社の国内線運賃のページに掲載していますのでご参照ください。

オフシーズン中のプロモーション価格として、8月末頃までの予定でお安くなっている路線もあります。

2016年7月1日金曜日

雨の一日



カトマンズ、今朝未明から本格的な雨が降り続き、夕方一時やんだものの、夜になってまたしとしと降り続いている。




市内のあちこちで冠水している道も見かける。国内各地の土砂崩れも心配。旅行者もよく通るナラヤンガート~ムグリン間では、土砂崩れが多発していると聞いている。

郊外の学校で豪雨により壁が崩れ、生徒たちが死亡したというニュースも見かけた。

国内線も欠航続き。国際線にも影響が出ていた。



こんな日に限り、オフィス前では、また道路の掘り起こし作業が。1か月前にも、水道管工事のためこんな状況になっていたのだが。雨がたたきつけ、周辺泥だらけ。

ところでたまたま写真に写り込んだ、生活用水確保のため、バケツに雨水をためる光景。

昨夕、雨の降り始めに、自宅近所の店でも、雨水確保のため軒先にたらいを並べているのを見た。しかも7つも!(冒頭の写真)

洗濯用にでもするのだろうが、どれだけたまったかな?

2016年6月29日水曜日

ダヒチウラを食べる日



ネパールの公暦・ビクラム暦3番目今月、アサール月15日(アサール・パンドラガテ)には、ダヒチウラ(ヨーグルトと乾し飯)を食べる習慣がある。

今年オフィスで用意したのは、激甘ネパール菓子・ミタイ2種、ラルモン(लालमोहन)とバルフィ(बर्फि)を添えた、これ。

それにしても、最近ブログネタに使えることが、日々の賄い食ぐらいしかなくて、食べ物のことばかりですみません。

2016年6月27日月曜日

7人分のパニプリ


昨日、オフィスにて。昼ごはんにしっかりしとダルバートを食べた後に、パニプリの話題が出、全員一致で食べたい!と。

パニプリとは、たこ焼きサイズの空洞の揚げ皮を破り、ピリ辛ポテトサラダのようなものを入れ、酸っぱいソースをつけて食べるおやつ。

露店でもよく見かけるのだが、暑い今の季節、茹でジャガイモ系メニューは傷みやすく、衛生上心配。

ので、カトマンズ地元民が衛生的と評価するニューロードの有名店へ、スタッフが買いに走り、7人分テイクアウト。

通常、一皿にのせるのは8個前後なので、大量のプリ(揚げ皮)が並ぶ様子は見ていて楽しい!



ちょっと酸味と辛味が足りなくない?とか、このパニ(酸っぱいソース)、ミントも入ってるね、とか、材料を当てっこしつつ、皆であっという間に食べ終えてしまった。

2016年6月26日日曜日

猫との縁

カトマンズでは野良猫よりも野良犬の方が多く、猫を見かける機会は少ない。

庶民は一般的に猫を好かず、縁起の悪い俗信も多い。

しかし私はなぜか猫に縁がある。以前、カトマンズで猫を飼っていた、というのが関係して猫を呼んでいるのかもしれない。

元飼い猫が死んでから9年ほどが経つ。その後私も引っ越し、住む場所が変わったにもかかわらず、今住む家にも、定期的に野良猫が現れる。仔猫連れも何度も見かけている。

オフィスでもそう。以前からよくいろいろな猫を見かけていたのだが、昨年ぐらいからは一匹の猫が慣れた足取りで進入してくる。4月に5匹出産してからというもの、最近では子連れでやってくることも。



先日は、オフィス裏の駐車場にとめてあったスクーターの足元に、生後2か月ほどの仔猫4匹が寄り添ってダマになっていた。



初めは無下に追い払おうとしていたスタッフたちも、最近では午後のチヤ(ミルクティ)用に買ってある牛乳を温めてあげたりしている。

見かける猫たちはどれも、毛の色や雰囲気が、元飼い猫に似ているような気も。

元飼い猫は雄の外猫で、寒い冬の日、猫部屋にしていた家の一室に白いメス猫をこっそり(?)連れ込んで寄り添って寝ていたり、当時話題になった「ねこ鍋」みたいに洗面台にはまって寝るのが好きだったり、見ていて飽きなかった。

(2007年9月撮影)

ネズミの死骸を得意気に家に持ち込んできたり、小さな子供を攻撃しようとしたりと、やんちゃな部分も多々あった。

私の妊娠初期、ネズミの死骸処理がストレスとなり、このまま飼い続けられるかどうか、人に譲ったほうがよいだろうか、などと悩んだことがあったのだが、時を同じくして、外でこしらえた傷が原因で、自ら身を引くかのように死んでしまったのだった。死を看取った当時のことは、思い出しても泣けてくる。

その後も私の周りに良く出没する猫たち。元飼い猫の子孫だったりして、なんて、感じることがよくある。

2016年6月21日火曜日

犬の糞尿禁止の貼り紙


外出先で見かけた、犬の糞禁止の貼り紙。

日本で見かける飼い主向け注意と違い、動物そのものに勧告しているかの様子がおかしい。

・・・ 

似たような貼り紙を昨年3月、オフィス近くの通りでも見かけたことがある。




その瞬間のことは、鮮明に覚えている。

2015年3月初旬、ターキッシュエア機がカトマンズ空港着陸失敗し、てんやわんやしている中、出国できないゲストの方たちが泊まっているホテルとオフィスを何往復もしているときに、偶然目にしたのだ。ユーモアのある貼り紙に、癒されたんだったなあ。

2016年6月5日日曜日

世界環境デー


6月5日は世界環境デー。

カトマンズの私立学校などでは、普段制服がある学校でも、この日は「グリーンカラーデー」と称して、緑の物を何か身に着けて登校するよう、ドレスコードの指定があったりする。

学校では、環境に関する特別授業やプロジェクト活動、ゲームなどのイベントも実施されたりもする。

そんな今日、カトマンズ市内タメル地区のオフィスにいると、外から、甲高く、かわいらしい子供の声のシュプレヒコールが。


通りに出てみると、「街をきれいにしよう!(सफा राखौ वातावरण)」と声を合わせながら、道端に落ちているゴミを拾い、進んでい子たちの姿。近所の学校の子たちが、世界環境デーにちなんで、清掃活動をしているのだった。


こちらの学校の「道徳」の教科書には、ポイ捨てはいけない、とか、リサイクル云々とか、環境に関する立派な知識が書かれていたりもする。

でも、暗記したことと、実際の行動が全く伴わない子も多い。

大人も同様で、学校でこの様なことを教えている先生自らが、平気でポイ捨てをしたりもする。

私など、人が見ていないところでも、良心が咎めポイ捨てなどできないが、先日、人里離れた山の中で、ごみをポケットにしまったところ、同行していたネパール人の若い女の子に笑われた。

「あなた一人ゴミをポケットにしまっても、ネパールはきれいになんかないの。みんな捨てるんだから、ここではあなたも堂々とポイ捨てしなさい!」

彼女も、学校で、環境について毎年学んできたクチ。でも、暗記して覚えた知識と実際の行動は全く逆。

悲しいかな、これが実情。

今日、タメルでゴミを拾ってくれていた子供たちは、どういう意識を持った大人になるだろう。

2016年5月31日火曜日

サモサ


10年以上前から発信し続けている当ブログ、いろいろなネパールの食べ物を話題にしてきたが、そういえばサモサのネタはなかったかもしれない。

本日のオフィスの賄食がコレだったので、この機会に掲載。

小麦粉で作った厚めの皮の中に、茹でつぶしたジャガイモや豆類(今日のはひよこ豆が入っていた)、ネギ類を具材にし、三角錐状に包んで揚げる食べ物。

形が違うだけで、以前話題にしたシャバレとほぼ同様。

シャバレ:http://dailynepal.blogspot.com/2016/01/blog-post.html

これに、コリアンダー入りトマトのアチャールをつけて食す。

茹でジャガイモは足が早いので、外では怖くて避けるメニューでもある。

2016年5月30日月曜日

カトマンズでも見かけるようになった交通誘導の人形


先日来、カトマンズ某所に置かれている、交通誘導の人形。ここ1~2か月位前に気づいたのだが、他の場所にもあるのだろうか。

先日、雨の降り始めに通りがかったら、本物の警官二人が、何かごそごそしている。オレンジ色のレインコートを着せてあげていたのだ。




人形をぬらさないためなのか、ホンモノらしく見せるためなのか。そのいずれであっても、二人がかりの手厚いお着換えサポート、微笑ましい。

日本のように手を動かして旗を振ったりする交通誘導ロボット「安全太郎」とかとは違って、ただ立っているだけ、と思っていたが、写真を編集していて、足元にバッテリーが置かれていることに気が付いた。

ということは、旗振りもするのだろうか。是非見てみたい。

2016年5月29日日曜日

タメルのドゥンゲダラの、日本人との縁


昨年の地震後、当ブログで何度か話題にしてきたタメルの共同水場ドゥンゲダラ・正式名ガー・ヒティ(गाःहिटी)。

今まで「ドゥンゲダラ」という一般名称のみ書いてきたが、ネワール語の「ガーヒティ」というのがここの正式名称。

過去の記事:
2015年6月3日 タメルで唯一被害の大きかった場所
2015年9月3日 タメルのドゥンゲダラ再び
2016年4月25日 修復中のドゥンゲダラ

去る3月より始められた修復工事が、近々終わろうとしている。




タメルの文化遺産として地元の人たちが誇るガーヒティ。

周辺住人にとっては貴重な水場であり、地震後、修復の話が何度も出ていたが、資金繰りが難しく、なかなか実現には至っていなかった。

しかし昨年末、とある日本人の方たちから寄付が寄せられたのがきっかけで、タメルのコミュニティや地元住民たちが沸き立ち、真剣に市役所に掛け合い、政府からも大口の資金援助をしてもらえるようこぎつけ、本格的な修復作業が始まった、という経緯がある。

その時点では(おそらく今も?)、外国人からの寄付の申し出は初めてだったという。

実は、世話役の日本人の方が、当ブログの記事を偶然目にし、気にかけてくださったのがきっかけだった、という逸話も。

私が発信している日々の何気ないネパールの日常と、小さな草の根の力が、こうやって地震後の修復へのきっかけを作り、それがいま、目に見える形で完成しようとしていることを、とても嬉しく思っている。




ところでこのドゥンゲダラ、地元の人たち曰く、およそ1000年ほど前に造られた歴史あるものだそうだが、地震で被害に遭うまでずっと、水場として使えていたわけではなかった。

長い年月の間には、水が出なくなってしまったり、水はけが悪くなったり、というトラブルもあって、過去何度も手を加え、時には長い間使えなくなってしまった時期なども乗り越え、今に至るという。

最近では、25年以上前に発生した落雷の影響で、10年以上水場としては利用できなかった時代があったのだそうだ。

その後、日本大使館からの資金援助があり、修復工事が行われ、2001年より再び使うことができるようになった。

そのことを証明する石碑が、ドゥンゲダラの中央に埋められている。

地元のコミュニティの方たち、「前回も日本人が修復に関わってくれ、地震後も、修復のきっかけを作ってくれたのが日本人であったことに、運命を感じる」と、喜んでくれた。

実は落雷のことと、その後の修復に日本が関わっていたことは私も先日知ったばかり。今まで以上にこのドゥンゲダラに愛着を感じ、経過を見守っていきたいと、強く思った次第。


ところで、もうすぐほぼ修復完成ではあるが、実はまだ3点、大きな問題を抱えている。

まず初めに、ドゥンゲダラという名前の由来である、石の(ドゥンゲ)蛇口(ダラ)を、どうやって再現するか、ということ。石に彫刻が施された大きな蛇口が折れてしまい、今も、水場の横に、写真のように放置されている状態。(しかも、こんな貴重なものの上に、無造作に洗濯物まで干されている!)

新たに同じものを造るには費用面でも技術面でも厳しいため、壊れたこの蛇口を、うまくくっつけて利用できるようにしたい、とのこと。

そしてあと2点は、水場の横にある歩道の修復と、水場と歩道の間に柵を作るための資金が不足している、という点。

これら3点については、資金が集まるまで完成せず、しばらくは保留となる可能性もあるが、「水場」として再び利用ができるようになったことだけでも、皆、本当に喜んでいる。

地震から1年以上経った今も、未だ修復すら始まっていない場所も多い中、庶民の熱い想いのもと、ガーヒティのように修復が実現した、というケースは、被災した他の地域や施設にも、良い刺激を与えているのだそうだ。

(写真はいずれも5月26日に撮影したもの)

2016年5月24日火曜日

ライチの種


前回のライチの話題に続き、今回はライチの種のことを。

色・艶・形、光具合すべて、アーモンドチョコそっくりな、ライチの種。

ネパールに来たばかりの頃、今の季節、カトマンズの路上のあちこちにアーモンドチョコが大量に落ちていて、なんで!?もったいない!と、気になったことがある。

そしてある日、自分がライチを食べて、あのアーモンドチョコボールの正体を知った。そうだったのか!

写真は昨日食べたライチの種。汚くてすみません。

2016年5月22日日曜日

ライチの季節


今年の5月は、いつもよりも雨が多く、おかげでそれほど暑くならない日が続いている。

ここ何年かは、もともと気温が上がる時期に加え、プレモンスーンながら雨がほとんど降らない、という5月だったことが多かったような印象。どこもかしこもカラッカラに乾き、気温ばかりが上昇し30度越えの日々が続くことが多かった。

それが今年は程よくまとまった雨が降るおかげで、気温も下がり、朝晩などは涼しさを通り越し、肌寒さを感じることもあるほど。



そんな5月は、ライチ売りが街に出始める季節。いつもの通り道に、恒例のライチ売りが出没し始めたのが、10日ほど前。(写真は5月14日撮影)

この時は、ライチ売り、「1キロ350ルピー!買う?」と言いながら売り込みに駆け寄ってきた。

「今日はいらないから!」と去ろうとしたら、交渉もしていないのに、「320でどうだ?」「よし300だ!」「280!」「250!」と勝手にドンドン値を下げてきて、味見用に一粒無理やりつかまされ、最終的には「230ルピーでいいから!」と、120ルピーも落ちていた。毎年こんな感じで、強引なんだよなあ。

結局この時は買わなかったのだけれど、一体本当はいくらだったのだろう?

あれから一週間以上たっているから、値はさらに下がっているかもしれない。

・・・ 

昨年までのライチ売りの様子: