2011年10月27日木曜日

ラクシュミプジャといろいろ



ティハール祭真っ最中のネパール。

オフィスは休みなく営業しており、昨日のラクシュミプジャの日は、スタッフたちがプジャをしてくれたようで、写真を送ってきてくれました。

・・・

屋外から屋内の神棚まで、幸運の女神ラクシュミ(和名・吉祥天)が迷わず訪れるための目印を地面に描きます。



お祈り。





一番の繁忙期で、ほとんどのガイドがトレッキングに出かけているのですが、カトマンズに残っているガイドとポーターも参加。




余談ですが、真ん中のグレーの服を着たガイド、7月末より10月半ばまで、約3か月間、イムジャ湖を調査する若き研究者さんのお手伝いのため、一緒に山籠もりしていました。その間、一度も下山することなく。

私が一時帰国する前はまだ下山していなかったので、久しぶりに顔を見ましたが、そんなにやつれた様子もなく安心。

最後の写真、真ん中に電卓がおいてあるのは、やっぱりラクシュミプジャにちなんでわざとしたのかなあ、などと、気になってしまいます。

久々に

久々の更新です。

10月中一時帰国をしており、今月末にネパールに戻ります。

とはいっても、なかなか日本滞在を満喫できず、日本にいてもスカイプでオフィスとつながり、日本にいる気がしない日も。

相変わらず、一日中メール対応に追われ、一昨日はとうとう1日の返信数100通突破してしまいました。それでもまだ残っている返信もあり、そんなこんなで一時帰国はあっという間に過ぎてしまった感じです。

でも、夕方、近所を歩いて、漂ってくる夕飯のにおいが醤油系で癒されたりと、ささやかなところで、日本滞在を楽しんでいます。

ネパールにいると、同じ状況で漂ってくるのは、マサラのニオイですので。それはそれで食欲そそりますが、そんなん嗅ぎたくない!と思うこともあるわけで。

最近は夕焼けもきれいです。

昔は、自宅(横浜)のベランダからきれいな富士山が見えたのですが、だいぶ前に、ちょうど富士山を遮るようにマンションが建ってしまい、残念ながら夕焼けと富士山観賞を楽しむことはできなくなってしまいましたが。

来週からはネパールからの更新となります。