2015年3月4日水曜日

カトマンズ空港トルコ航空機事故と空港閉鎖情報

 
 
 
 
本日3月4日7時45分頃、カトマンズ空港に着陸を試みていたトルコ航空(イスタンブール発TK726便)が、着陸失敗にするという事故が起きた。
 
乗員乗客すべて救出され、大惨事にはならずに済んだ。前方にはネパール航空機やジェットエアウェイズ機も駐機しており、また、近くには大きなオイルタンクが置いてある場所もあるため、危機一髪だったといっていいかもしれない。
 
ツイッターでは事故発生直後から現場の様子をツイートし続けていた。早朝よりカトマンズ空港に用事があり、スタッフ二人が7時頃から待機していたため、現場からのリアルタイム情報を、画像つきで送ってくれていたのだ。
 
スタッフたちによると、事故30分ぐらい前から、トルコ航空機がカトマンズ空港に着陸を試みるもできず、地面すれすれを飛んでいるおかしな様子を目撃していたそうだ。
 
航空会社職員たちと話題にしていたところ、スタッフの一人が乗る予定のヘリコプターの離陸時間となった。飛びたつヘリをヘリポートから見送り、ヘリコプターのプロペラ音も聞こえなくなったので室内に戻ろうとしたそのとき、ドーン、という轟音が3回程聞こえたそうだ。
 
 
 
 
 
飛行機が落ちたに違いない!と叫ぶ航空会社スタッフとともに再び外へ出、あたりを見渡すも濃い霧に包まれていて先があまり見えない。
 
飛行機が落ちたと思われる方向へ軍隊や、消防車が駆けつける。
 
 
 
目と鼻の先での出来事に、恐怖と興奮をおさえきれないスタッフからの画像が、viberを通じて立て続けに届いた。
 
その後、ヘリコプターでカトマンズに戻ってきたスタッフも、上空から事故機を撮影していた。( ↓ )

 
 
 
ところで昨日まで悪天候が続いていたのだが、今日は久々に晴れ。ほぼ定刻通り、6時半頃からカトマンズを離発着する国内線の音が聞こえていた。
 
カトマンズ発ルクラ行便も順調に始発便4便飛んだようなのだが、その後トルコ航空の事故が起き、カトマンズ空港国内線・国際線とも閉鎖に。
 
ルクラへ飛んだ国内線はカトマンズへ戻ってくることができず、ラメチャップ間を往復していた模様。
 
ルクラ空港にも別のスタッフがいて、ラメチャップから飛んできたと思われる着陸寸前のタラ航空機を撮影していた。
 
 
 
ちなみに、カトマンズ空港国内線の閉鎖は14時頃解除となったが、国際線は現在も閉鎖中。運航再開できるのは5日夕方になる模様だ。
 
※ 写真はすべて、本日現場にいたヒマラヤンアクティビティーズ・スタッフたちによる撮影。


4 件のコメント:

  1. 情報をありがとうございます。昨日よりタイでカトマンズ行きの飛行機を待ち続けています。
    一つ質問ですが、明日には国際線は飛びそうなのでしょうか?情報が全くなく困り果てています。

    返信削除
  2. カトマンズ空港内の某航空会社事務所に確認したところ、3月6日午前10時頃までの閉鎖はほぼ確定のような情報を、もらっています。

    返信削除
  3. 情報お願いします。主人が香港でカトマンズ行きの飛行機を4日から待っています。今日の夜か明日にはフライト出来そうでしょうか?

    返信削除
  4. 6日17時までは確実に閉鎖。その後は未定。リアルタイム情報を画像つきでツイッターで発信しておりますので、そちらをご覧いただけますと幸いです。

    https://twitter.com/infonepal 

    「ツイッター 日々のネパール情報」 で検索していただいてもヒットすると思います。

    返信削除