2014年2月16日日曜日

焚火で暖を取る



2月14日より天気が崩れ、16日までの3日間、雨が降ったりやんだりの日が続いている。

1枚目の写真は、タメル地区よりやや東方面の建物の屋上から元王宮(現博物館)方面を眺めた時の空模様。

カトマンズ発着マウンテンフライトや、ルクラ路線は3日間全便欠航。

悪天候が影響だったのかは不明だが、本日また、ポカラ発ジュムラ行き、ネパール航空(RA)便墜落事故が起きた。山方面に向かう国内線事故は、多くがこういう天候の日に起きている気がする。




 真冬(12月末~1月末頃)までの厳しい冷え込みはないものの、日が差さず肌寒い日々。

それまで日中はだいぶ暖かくなっていたので、片付けてしまっていた防寒着を引っ張り出してはおる。

2枚目の写真は、寒い時に日常的にみられる、焚火で暖を取る光景。

あちこちで見かけるのだが、タメルにある地図やポストカードを売る店の店先で、高い炎を上げる焚火を見た時にはハラハラしてしまった。

パチパチ勢いよく火が燃えると、店先にぶら下がっている、電気のコードまで炎が届きそう。

すぐ後ろの店内には、紙製商品の山。

火元の原因は違うが、昨年起きたブックショップ全焼の火事を連想させ、怖い。

0 件のコメント:

コメントを投稿